紛争続くウクライナ東部、親ロ派リーダーを爆殺したのは誰か

<ロシア政府の「工作員」ともされるザハルチェンコは権力を使って私腹を肥やしていた>

ウクライナ東部ドネツク州で31日、カフェで爆発が起き、親ロシア派武装勢力の指導者が死亡した。

地元メディアによれば、死亡したのはウクライナからの分離独立を目指す「ドネツク人民共和国」首相のアレクサンドル・ザハルチェンコ(42)。他に2人が負傷した。

ドネツクを含むドンバス地方の独立を求める親ロシア派とウクライナ政府との間では2014年以降、武力紛争が続いている。ロシア政府は、先週の事件を受けてすぐにウクライナ政府の犯行だと非難した。

「(停戦を定めた2015年の)ミンスク合意を実行に移し、紛争を解決する方法を探す代わりに、ウクライナ政府の好戦派はテロを行い、この地域の困難な状況をさらに悪化させている」と、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は声明で述べた。

ウクライナ東部の武力紛争に終止符を打つことを目指したミンスク和平プロセスには、ウクライナとロシア、アメリカ、EU(欧州連合)、OSCE(欧州安保協力機構)の代表者が参加。これまでのところ一時的な停戦にはこぎ着けたものの、長期的な解決の処方箋は見つかっていない。OSCEは停戦監視団を派遣しているが、今も小規模な衝突や砲撃は続いており、これまでに紛争による死者は1万人を超えたとみられる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)