【高潮予測動画】大型ハリケーン襲来、囚人15万人は刑務所に置き去り

<囚人は勝手に死ね? 州は、ハリケーンの進路上にある危険な刑務所に15万人の服役囚を残していくことを決めた>

大型ハリケーン「フローレンス」は現地時間14日にも米南東部の沿岸に上陸する見通しで、沿岸住民100万人以上に避難命令が出ており、数日前から避難を始めている。

しかし、ノースカロライナ、サウスカロライナ、バージニアの各州の刑務所に収監されている15万人の服役囚は、自分の意思で避難できる状態ではない。そして当局も囚人を避難させないと決めた。刑務所はフローレンスの進路のど真ん中にあるだけに、洪水や孤立、物資の不足といった危険に直面する可能性もある。



サウスカロライナ州では、ヘンリー・マクマスター州知事が今週11日に「州の住民の生命を危険にさらすようなことはしない。ただの1人も」という声明を出したのに、囚人を避難させないのはどういうことかと、注目されている。

州当局は今週初め、避難命令区域にあるマクドゥーガル刑務所の刑務官と服役囚650人はそのまま刑務所に残ると発表した。

「過去の例では、ほかの場所に移動するより刑務所内に残っている方が安全だった」と、州広報官のデクスター・リーはウェブメディアの「バイス・ニュース」に話している。

避難区域外で囚人を移送する自治体も

ハリケーンが直撃する見通しのバージニア州沿岸部の刑務所も、囚人を避難させていない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)