『サピエンス全史』の歴史学者が、AI革命後の未来を見通す最新刊

<『サピエンス全史』で世界を席巻した気鋭の歴史学者ユバル・ノア・ハラリが人類の今後に警鐘を鳴らす>

2011年、エルサレムにあるヘブライ大学のほとんど無名な35歳の歴史学者が3冊目の著書を出版した。ユバル・ノア・ハラリ著『サピエンス全史』(邦訳・河出書房新社)は、人類の歴史を400ページに凝縮した野心的かつ壮大なスケールの本で、イスラエルで3年連続ベストセラー1位という大成功を収めた。

14年に英訳されると、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO、バラク・オバマ米大統領(当時)など世界中の大物たちが「必読書」と大絶賛。既に全世界で800万部を突破している。

中世軍事史の専門家としては異例の注目度だが、本人は名声を受け入れている。『サピエンス全史』の成功に続き、16年には『ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来』(邦訳・河出書房新社)を出版。最新作は今年9月出版の『21世紀のための21の教訓』だ。

ハラリは今や富裕層の集まりの常連だ。スイスで世界各国の首脳に交じって世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加し、シリコンバレーのIT企業の会議室で重役たちと議論を交わす。

現代の知性の象徴とも言うべきTED(優れたアイデアをスピーチで世界に広めることを目指す非営利団体)での講演回数も増える一方だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)