米中間選挙の直前情勢、上院は共和党が優勢か

<下院は民主党が優勢だが、上院では共和党が優勢......選挙戦がヒートアップするなかで民主党が左傾化して中道票が逃げている一面も>

アメリカの中間選挙が11月6日(火)に迫っています。現時点での直前の情勢ですが、下院(435議席全員改選)は民主党がやや優勢、その一方で焦点は、上院において共和党が過半数を維持するかどうかにかかっています。

この上院選ですが、上院の定数は100で、今回は3分の1の33が改選のはずですが、ミシシッピとミネソタでは補選が同時に行われるため、事実上は35が改選になります。残りの65は非改選で、全体を整理するとこうなっています。

▼民主党・・・非改選23、改選26
▼共和党・・・非改選42、改選9

ということで、今回の選挙についていえば民主党は26議席を守らなければならない一方で、共和党は9をベースに議席を積み上げる、つまり攻める側という構図になっています。これは、前々回の2006年の際に、イラク戦争の行き詰まりとハリケーン「カトリーナ」被災への対応失敗でブッシュ政権与党の共和党が大敗した影響が残っているからです。

現時点での情勢ですが、著名な政治サイトを見てみますと、

まず、「Real Clear Politics」では、
「民主党44、共和党50、トスアップ(僅差)6」

次いで、「Electoral Vote Predictor」では、
「民主党47、共和党52、タイ1」

という数字となっています。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)