金正恩4度目の訪中は、トランプへの牽制が目的か

<自分の誕生日1月8日にあえて北京入りしたのは、「新しい道」=対中接近を見せつけるためだった?>

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長は1月8日、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席からの招待を受ける形で4度目の訪中を行った。この日はちょうど、金の誕生日だった。

金の実際の生年月日については今も諸説あるが、米政府を含む大半の専門家の見方は84年1月8日で一致している。そうすると、金はこの日で35歳。アメリカ人なら、ようやく大統領選に立候補できる年齢に達したことになる(ちなみにトランプ米大統領は72歳、習は65歳)。

父親の故・金正日(キム・ジョンイル)から最高権力者の地位を継承したのは11年末。当時は祖父の代から続く金王朝の最も若い支配者であり、世界最年少の国家指導者だった。

昨年までの金は前任者と違い、核開発計画を進める北朝鮮に対するアメリカ主導の制裁と非難決議を支持した中国に対し、よそよそしい態度を取っていた。トランプは米朝間の緊張が高まっていた17年、中朝の潜在的な不仲を利用して金に圧力をかけようとした時期がある。

だが18年に入ると、金は外交姿勢を一変させる。韓国と急接近した金は、3月に韓国の特使を通じてトランプに初の米朝首脳会談開催を呼び掛けると、同月末には中国を初めて訪問。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)