エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの新譜は...

<最新アルバム『ニュー・ブリード』は、故郷への愛にも満ちた仕上がり。ガールズグループ出身のセクシーな注目アーティストは、「自分の性は全面的に肯定できる」と語る>

ドーン・リチャードはガールズグループ、ダニティ・ケインの一員として2000年代中盤にブレイクした。だがソロになってからはヒット狙いのポップ路線と決別し、独創性あるR&Bアーティストに成長。しかも最新アルバム『ニュー・ブリード』は、新たな旅立ちを感じさせる。

「ニューオーリンズで育った黒人女性としての私の旅路を表現した」と、リチャードは言う。

「音楽、恋愛、喪失......。故郷が私の生き方の全てを決めたのだから」

彼女はファンク歌手の父とダンサーの母の下で育った。一家は2005年、ニューオーリンズを襲ったハリケーン「カトリーナ」で家を失う。ボルティモアでの避難生活を経て故郷に戻ったのは10年後だった。同じ2005年、リチャードはMTVのリアリティー番組『メイキング・ザ・バンド』に出演し、ダニティ・ケインに参加した(2009年に解散)。

力強い歌唱力でエロチックなラブソングから、業界の男たちに物申す曲「ニュー・ブリード」まで幅広い作品を自在に歌う。業界への鬱憤は、ダニティ・ケイン時代からたまっていた。「ポップさが足りないとか、ソウル色が強過ぎるとか、プロデューサーに散々けなされた」

2017年には、実験精神豊かなインディーズバンド、ダーティー・プロジェクターズと共演。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)