スタバ前CEOのシュルツに、大統領選出馬前から退場勧告



とはいえ、この政治システムを乗り越えられると考えたのはシュルツが初めてではない。前ニューヨーク市長で大富豪のマイケル・ブルームバーグもその1人で、過去に無所属の出馬をほのめかしたことがあったが断念した。現在は民主党からの立候補もささやかれるブルームバーグは先週、声明を出し、無所属での出馬は失敗する可能性が高いとシュルツに警告した。

第3候補の出現は大統領選の幕開け時には盛り上がるものだが、こうした候補は結局、二大政党制という崩せぬ壁に直面することになる。彼らはすぐに、巨額の選挙資金(他の候補の投入額をつり上げることにもなる)はほかに使い道があると気付くことになるだろう。

<本誌2019年2月12日号掲載>



※2019年2月12日号(2月5日発売)は「袋小路の英国:EU離脱3つのシナリオ」特集。なぜもめている? 結局どうなる? 分かりにくさばかりが増すブレグジットを超解説。暗雲漂うブレグジットの3つのシナリオとは? 焦点となっている「バックストップ」とは何か。交渉の行く末はどうなるのか。


ジョシュア・スピバク(ニューヨーク州ワグナーカレッジ上級研究員)

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)