火星探査車「オポチュニティ」が15年にわたる探査を終了 想定寿命の60倍

探査の大きな目的は、ふたつの着陸地点でかつて火星の表面を水が覆っていた痕跡を探すことだった。

記念すべき1火星日目、ナビゲーションカメラから撮影したオポチュニティ自身の一部と火星の表面。先端にパノラマカメラが搭載されたマストが展開される前のもの。Image credit: NASA/JPL

火星の表面に液体の水が存在したことを裏付ける「ブルーベリー」

メリディアニ平原が着陸場所に選ばれた理由とは、火星周回探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーの探査によって、この場所が平らな地形でありローバーの探査に向いていること、そしてヘマタイトという形成時に液体の水が関係する鉱物が存在する、と見られていたことによる。

直径約20メートルのイーグルクレーターにチャレンジャー記念基地と名付けられた通信拠点を残し、オポチュニティは移動を開始した。着陸地点周辺にはきめ細かい砂が広がっていたが、10メートル進むと層状の岩石に行き当たり、7火星日目には岩石の上に直径4〜6ミリメートルの小さな球状の石を発見。小球は「ブルーベリー」、ブルーベリーが乗っていた岩のくぼみは「ベリーボウル」と呼ばれることになった。ブルーベリーには水の中で作られるヘマタイトやジャロサイト(鉄ミョウバン石)という鉱物を含んでおり、かつて火星の表面に液体の水が存在したことを裏付けるエビデンスとなった。

関連記事(外部サイト)