11月14日にスーパームーン観測、68年ぶりの大きさに 月の最接近と巨大地震に関連性も

記事まとめ

  • 11月14日のスーパームーンは68年ぶりの大きさになることから広く関心が寄せられている
  • 国立天文台によると、20時21分に近地点を通過し、22時52分に満月になるとのこと
  • 「巨大地震は月の引力が強くはたらく時に発生しやすくなる」という研究結果もある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております