【写真特集】トランプ就任、「ポピュリスト大統領」の誕生

<就任演説でこれまでのアメリカ政治を手厳しく批判したトランプ新大統領。ポピュリズムの暴走を止められない民主主義の危うさを感じさせる>(写真:就任パレードでメラニア夫人、息子バロンとともに観衆に手を振るトランプ)

 現地時間の20日正午。ドナルド・トランプは宣誓を終えて正式に第45代アメリカ大統領に就任した。世界が注目した就任演説では、「常にすべてのアメリカ人のために戦う、アメリカ人が無視されることは2度と許さない」と語った。貿易政策や減税、移民政策、外交を通じて、アメリカの労働者とその家族に雇用を取り戻し、国境管理を強化し、富と新しい夢をもたらすと誓った。「力の限り戦う。決して君たちを失望させない」
?
 一方でトランプは、ワシントンの支配階級を「口だけで行動しない」連中と批判。母と子を貧困に追いやり、工場を潰し、ギャングと麻薬を野放しにしてアメリカを「大虐殺」した犯人だと糾弾した。

【参考記事】ドナルド・トランプ第45代米国大統領、就任演説全文(英語)
?
 驚くことに、すぐそばで演説を聞いていた歴代大統領たち――バラク・オバマもジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントンの誰も抗議はしなかった。それどころかニコニコ笑い、演説後にはトランプと抱き合った。18世紀から続く神聖な大統領就任式と平和的な権力移行を実現してきたアメリカの民主主義に対する尊崇の念が強すぎて、過ちが起こっても認められない麻痺状態に陥っているようにも見える。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)