【沖ノ島を世界遺産に登録勧告】「女人禁制」の風習が、海外で話題に

記事まとめ

  • 福岡の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が世界文化遺産登録を勧告
  • 沖ノ島の「女人禁制」のしきたりが、海外でにわかに話題になっている
  • 英BBCは、正式に世界遺産に登録されても「女人禁制」を守る自治体の方針を伝えた

世界遺産に登録勧告の沖ノ島、「女人禁制」の風習は外国人には謎だらけ

<女は行けないの!?――新たな世界遺産誕生で、日本の風習に興味津々の海外>

福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」に伝わる「女人禁制」のしきたりが、海外でにわかに話題になっている。

ユネスコ傘下のICOMOS(国際記念物遺跡会議)から世界文化遺産登録するよう勧告されたことで、海外メディアは「男性専用の島」、「タブーが残る島」など、この地に伝わる神道信仰を取り上げている。

【参考記事】ありがた迷惑な「世界遺産」登録

「なんでダメなの?」

九州本土から約60キロメートル離れた福岡県宗像市に属する沖ノ島は、古代から「女人禁制」、「一木一草一石たりとも持ちだすことを禁ずる」などの掟を敷くことで、信仰の形を現在まで守り続けてきた。

#2017 #沖ノ島 #宗像大社 #沖津宮 #禊場 #okinoshima #japan #fukuoka #munakata Hiroaki Horieさん(@uglove)がシェアした投稿 - 2017 5月 2 8:04午後 PDT



しかしながら、外国人観光客にとって気になるのは「世界遺産を訪れることができるかどうか」だ。英BBCは、現在、性別によって沖ノ島への入域が制限されること自体は議論にならないとし、正式に世界遺産に登録されても「女人禁制」を守る自治体の方針を伝えた。

@BBCWorld The island is "home to the Munakata Taisha Okitsumiya shrine, which honours a GODDESS of the sea"... but no women allowed on the island? — Patti Gomez (@pattig0mez) 2017年5月7日

神が宿るにしても、なんで女性はだめなの?


英テレグラフ紙は2016年11月に、沖ノ島を紹介する記事を掲載した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)