ノルウェーの極右ポピュリスト政党は政権の座を維持できるか

<厳しい移民・難民政策を訴える進歩党が歴史的な政権入りを果たして4年、ノルウェーは9月に総選挙を迎える。果たしてどんな評価が下されるのか>

オランダやフランスの選挙で極右政党が敗退して話題になったが、ノルウェーでは2013年の国政選挙ですでに右翼ポピュリスト政党「進歩党(FrP)」が連立政権に参加している。

5月5〜7日、進歩党は年に一度の大事な総会をオスロ郊外で開催した。ノルウェーの各政党はこの時期に総会を開催。全国各地の代表たちが、多数決で党の新たな政策やリーダーを決めていく。そして今年の場合は9月の国政選挙へ向け、本格的な選挙運動がスタートする。


進歩党の総会。党のシンボルマークのリンゴは「知恵」を意味する Photo:Asaki Abumi

ノルウェー政治の歴史的転換点

今回の選挙で注目されているのは、進歩党が政権の座に座り続けられるかどうかだ。移民や難民に厳しいことで知られる進歩党は、第三政党として支持を集めている。

ノルウェーでは社会主義的で寛容な政策が長く浸透してきた。異色の進歩党は他政党から距離を置かれ、支持率は高くとも、連立政権や閣外協力という形は過去実現することはなかった。

だからこそ、2013年の進歩党の政権入りは、ノルウェーの政治の歴史において大きな転換点となるものだった。

ノルウェーの報道陣の間でも、編集者や記者に、進歩党支持者がほぼいないことはこれまでの調査で何度も明らかになっている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)