私がFBI長官...じゃなく大統領報道官の後任候補です

<FBI長官コミーの解任劇を機に、かねてより失態の多かったショーン・スパイサー大統領報道官の更迭が噂されている。名前の挙がったキンバリー・ギルフォイルとは何者なのか>

トランプ米政権が揺れに揺れている。今に始まったことではないように思えるかもしれないが、連邦捜査局(FBI)のジェームズ・コミー前長官の解任劇を受け、弾劾や辞任といった言葉が盛んに飛び交うようになった。

ドナルド・トランプにとって、大統領就任以来、最大の危機といっていいだろう。

【参考記事】トランプ降ろし第3のシナリオは、副大統領によるクーデター
【参考記事】ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する
【参考記事】トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

逆風が吹くなか、FBI長官の後任人事も難航しているようだ。報道によれば、有力候補とされた2人――共和党上院議員と連邦高等裁判所判事――が5月16日、指名受諾に消極的な姿勢を示したという。

一方で、もうひとつの職務では、後任候補の名が挙がり始めた。まだ現職は辞任していないにもかかわらず。

ショーン・スパイサー大統領報道官だ。閣僚ではないものの、今やアメリカ人なら誰もが知っているであろう政権スタッフである。報道官としての失態を何度も批判され、米NBCの人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ(SNL)」ではスパイサーのパロディが人気を博している。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)