アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増 15年間で55%増加

記事まとめ

  • アメリカでアルツハイマー病による死亡率が1999年から2014年の15年間で55%増加した
  • 高齢者人口の増加や、癌や心臓病の死亡率の低下などの要因が、死亡率を押し上げた
  • アルツハイマー病は治療法も原因も不明なため、患者を死から守ることができないという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております