タイガー・ウッズが薬物使用か飲酒しての運転で逮捕も釈放 人相にまるで別人との声

記事まとめ

  • タイガー・ウッズがアルコールかドラッグを服用した状態で運転した疑いで逮捕された
  • ウッズはすでに釈放され、「アルコールは無関係で処方された薬の影響」と説明している
  • ウッズの逮捕に衝撃を受けただけでなく、ウッズの人相にまるで別人との声が出ている

人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

<タイガーがまた逮捕された、というだけでも衝撃なのに、顔を見たらまるで別人!>

伝説のゴルフ・プレイヤー、タイガー・ウッズ(41)が29日未明、米南部フロリダ州パームビーチの自宅付近で、アルコールかドラッグを服用した状態で運転した疑いで逮捕された。すでに釈放されたタイガーは同日に出した声明で「処方された薬の影響だった」と説明している。

同州パームビーチの保安官事務所によると、逮捕されたのは午前7時18分。10時50分には釈放された。

釈放後に公開した声明文
UPDATE: #Tiger Woods statement - No alcohol involved - it was interaction of medications - very sorry @WPBF25News pic.twitter.com/EVhszNgqgw— Terri Parker (@wpbf_terri) 2017年5月30日

「自分がしたことの重大さは理解しており、自分の行動に対する全責任を取るつもりです」
「みんなに知ってほしい。アルコールは無関係で、処方された薬から予期しない反応が出ました。複数の薬の服用でこれほど大きな反応が出るとは思っていませんでした。」
「家族、友人、ファンに心から謝りたい。私も自分が許せない。」
「このようなことが2度とないよう、できることは何でもします」


メジャーで過去14回優勝という輝かしい実績を持つウッズだが、今年2月に「オメガドバイデザートクラシック」を途中棄権したのを最後に、プレイ姿は見られていない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)