厳戒態勢のなかアリアナが慈善公演「マンチェスターは屈しない」

<先月マンチェスターのコンサートで自爆テロ攻撃を受けたアリアナ・グランデが慈善コンサートを開催。ロンドンテロ直後の厳戒態勢のなか、テロに屈しない結束を世界に呼び掛けた>

イギリス・マンチェスターで先月のコンサート中に発生した自爆テロ事件を乗り越え、今週4日、歌手アリアナ・グランデが慈善コンサートを開催した。販売された3万5000枚のチケットはわずか6分で完売したと報じられている。

同日には、アリアナのコンサート会場から約800メートル離れたサッカー場でマンチェスター・ユナイテッドのチャリティーマッチも開催され、2つのイベントで合わせて11万5000人の観客が見込まれていた。

前回テロ攻撃を受けたコンサートの観客が会場に招待された Dave Hogan/One Love Manchester/REUTERS

前日3日夜にはロンドン中心部のロンドン橋などでテロ組織ISIS(自称イスラム国)傘下のメンバーによるものと見られるテロが発生し、少なくとも7人が死亡。テロへの不安が拭いきれないなかでコンサートは開催された。

ファンの間では開催を危ぶむ声が上がっていた。これに対してアリアナのマネジャーのスクーター・ブラウンは当日朝のツイッタ―で「コンサートはマンチェスターと世界が憎しみと恐れに屈しないことを宣言する意味がある」というメッセージを投稿。コンサート開催に向けた強い意志を示した。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)