プーチンが軍拡宣言、ヨーロッパだけでなく極東アジアでもアメリカに対抗

<冷戦終結で終わったと思った軍拡競争にまた火がついた>

ロシアが、ヨーロッパとアジアの両方で軍事プレゼンスを拡大すると警告している。米軍が海外で軍備を増強していることに対する対抗措置だという。

ロシアのNATO大使、アレクサンドル・グラシコは先週木曜、ヨーロッパのロシア国境沿いでアメリカ主導の軍備増強が行われていることに対して対抗措置を取る、と語った。NATOは米政府の計画に沿って昨年、バルト3国とポーランドに4つの戦略戦闘グループを配備。数千人規模の部隊と広範な軍事資源を投じて多国籍軍の防衛力を強化してきた。ロシアはこれを、ロシア国境にアメリカが既にもつ十分過ぎるほどの軍事インフラに追加するものだとして敵対視している。グルシコは、報復措置を取ると言ったが、具体策は明かさなかった。

【参考記事】バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時トランプは

Why does Russia keep putting its borders so damn close to NATO's ever-expanding network of military bases? Why?! ?? pic.twitter.com/OP5LRdcmcJ— Sarah Abdallah (@sahouraxo) 2017年4月30日

(青い国の上から、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国とポーランド。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)