トランプ71歳の誕生日プレゼントはロシア行き航空券

<6月14日に71歳を迎えるトランプ。山積みの問題で祝賀ムードは控え目かと思いきや、盛大な「パーティー」が各地で計画されているようだ>

ドナルド・トランプ米大統領はこれまでいくつも盛大な誕生パーティーを開いてきた。だが今日の71歳の誕生日と比べれば、過去のパーティーなどはるかにかすんでしまうくらい騒がしいものになるかもしれない。トランプの誕生日に合わせて、ロシア疑惑の解明を求める数百人規模のデモが予定されているのだ。

この「悲しき誕生日パーティー#Sad Birthday」を企画したのは、昨年11月の大統領選を機に結成された抗議団体「ライズ・アンド・レジスト(立ち上がり抵抗しろ)」。同グループによれば、参加者はマンハッタンのトランプタワー前に集まり、ロシア行きの航空券などロシア疑惑にまつわる特別なプレゼントをトランプに贈るようだ。もちろん、「ロシアへ帰れ」の皮肉をこめて。

「トランプはアメリカを破滅させる政策を次々と提案している」と、ライズ・アンド・レジストのメンバー、アンディ・ラットは語った。「トランプがワシントンでケーキのろうそくを消す間、我々はトランプの願いが叶わないことを願う」。

Tmw 6/14 @riseandresistny throws a #SadBirthday party for 45, 4:30pm at Trump Tower https://t.co/XTvBO8arkh pic.twitter.com/BB1kLdYyuw— Bringhimdown (@bring_him_down) 2017年6月13日

(ライズ・アンド・レジストの投稿)


【参考記事】【動画】「トランプはわたしの大統領ではない」全米各地で抗議デモ

マンハッタンは、この日行われる「悲しきパーティー」の一部にすぎない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)