イラン同時テロの狙いとは? なぜこのタイミングで?

<厳重な警備のテヘランで初めて攻撃を実行。全面的な宗派戦争を仕掛けるためか>

何年も待ちに待った末の執念の攻撃――先週、イランの首都テヘランと郊外で起きた同時テロがテロ組織ISIS(自称イスラム国)の犯行なら、そう呼んでいい。

首都中心部の国会議事堂を武装した4人組が襲撃。ほぼ同時に郊外にある革命の最高指導者ホメイニ師を祭った霊廟にも武装集団が侵入し、1人が自爆した。イランの政治的・宗教的中枢を狙ったこのテロで、少なくとも17人が死亡した。

事件後に犯行声明を出したISISは、国際テロ組織アルカイダの傘下にあった07年からイランを攻撃すると宣言していた。イスラム教スンニ派のISISにとってシーア派の盟主イランはイラクのシーア派政権を支援して、アラブ国家をイスラエルとアメリカに売り渡した背教の国だ。

この点がISISとアルカイダの大きな違いだ。アルカイダはイランを後方基地として、また資金流入の経由地として利用するため、攻撃を控えてきた。

【参考記事】テヘラン同時多発テロ 国会と霊廟を襲撃、3つ目の計画は阻止

アルカイダの創設者ウサマ・ビンラディンは07年、ISISの前身組織に宛てた文書で「やむを得ない事情がない限り、イランと戦う必要はない」とクギを刺した。それには訳がある。

01年の9.11同時多発テロ後、アルカイダのメンバーとビンラディンの家族らがイランに逃げ込んだ。イラン政府は彼らを自宅軟禁し、常時監視してその時々の戦略的な理由で締め付けを強めたり弱めたりしてきた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)