共和党議員銃撃、「左派」支持者の凶行に衝撃

<共和党の下院議員が銃撃される事件が発生。昨年の大統領選でサンダース陣営に参加していた「左派」支持者の犯行には違和感が>

今週14日の朝、ワシントンDC郊外のバージニア州アレクサンドリアで、連邦議員らが野球の練習をしていたところ、男性が銃撃を始め、共和党のスティーブ・スカリス下院院内幹事や他の議員のスタッフ、警官らが撃たれました。スカリス議員をはじめ5人が負傷し、狙撃犯は銃撃戦の結果死亡したそうです。(編注:スカリス議員は病院で治療を受けているが重体)

ちなみに、議員たちが野球の練習をしていたのは、恒例の「民主党チーム対共和党チーム」の野球の試合に備えるためでした。この試合には長い伝統があり、超党派的な親睦イベントとしてワシントンの名物になっているものです。

多くのメディアが一斉に報じたところでは、狙撃犯はイリノイ州在住で、短期間バージニアに来ていた、66歳のジェームズ・ホッジキンソンと特定されています。ホッジキンシンが書いたと見られるSNSの書き込みには「トランプは民主主義を壊した」として、トランプ大統領や共和党への攻撃を示唆する内容が記されているようです。

またホッジキンソンは、昨年の大統領選ではバーニー・サンダースを支持し、サンダース陣営でボランティア活動をしていたのは事実のようです。

私は、発生の時点である種の違和感を持ちました。

【参考記事】黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

まずホッジキンソンがサンダース派であるならば、アンチ・エリートであるはずで、どちらかと言えば、ヒラリーを嫌ってトランプは理解するはずだと思ったのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)