米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共通点

<事故を受けて映画『バトルシップ』のテレビ放送が中止になったが、米海軍のイージス艦がエイリアンと戦うという内容を考えると、この時期の放送自粛には理解できるところも>

静岡県の石廊崎沖でフィリピン船籍(運航は日本の企業)のコンテナ船と、米海軍のイージス駆逐艦USSフィッツジェラルドが衝突した事件ですが、意外なリアクションを招いています。日本テレビが今月23日(金)の夜の洋画枠に予定していた米映画『バトルシップ』(ピーター・バーク監督、2012年)の放送を取りやめると発表したのです。

一部には、米海軍から抗議が来るはずもなく過剰反応だという声もあるようですが、この作品の性格を考えると、実はあまり笑えない部分があるのです。この映画は、ハワイ周辺がエイリアンの攻撃を受け、これに対して海自と米海軍が「集団的自衛権」を発揮するという話です。

その中で、まず3隻のイージスのうち米海軍籍のイージス駆逐艦が最初にやられてしまいます。次に海自のイージスがやられるのですが、自衛官に扮した浅野忠信さんは生き残って奮戦するというかなりカッコいい役になっています。その辺のストーリーをふまえると、時節柄ちょっと「遠慮」したのは何となく理解できます。

【参考記事】ロシアの極超音速ミサイル「ジルコン」で欧米のミサイル防衛が骨抜きに?

問題は映画の後半です。モダンなイージスだけでは対抗できないので、最後にはUSSミズーリの亡霊を復活させて、日米が共同でエイリアンと戦うというストーリーになっていきます。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)