エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

<エリザベス女王の誕生日を祝う盛大なパレードに、かわいい王室メンバーも駆け付けた。相次ぐテロや悲報で重苦しいムードが立ち込める中、異例の声明も発表>

エリザベス女王の91歳の誕生日を祝う式典が6月17日に開かれ、華やかな装いの英王室の面々が一堂に会した。会場となったバッキンガム宮殿には、女王の姿を見ようと集まった大勢の観光客などで大賑わいだった。

91st Queen's Birthday Amazing Day 2017 #queenelizabeth #happybirthday #England pic.twitter.com/iTAqZKlx7p— silverslavek (@slaveksilver) 2017年6月19日



エリザベス女王が誕生したのは1926年4月21日。古くから、イギリス国王の公式の誕生祝賀式典は好天が見込める6月に行われてきた。軍旗分列行進式(Trooping the colour)と呼ばれるこのパレードは、伝統的な衣装に身を包んだ兵士1400人、楽団400人、200頭の騎馬隊からなり、エリザベス女王はフィリップ殿下とともに登場した。フィリップ殿下は今年8月をもって、一切の公務から引退することを表明しており、公の場としては初めて、王室の重い正装ではなくモーニングコートにタイという姿だった。


We were lucky enough to see Queen Elizabeth and the rest of the Royals at the "Trooping the Colour" on Friday. pic.twitter.com/SKas2DPjQ7— Moreland's Class (@morelands_class) 2017年6月19日

(馬車に乗って登場した英王室メンバー)


ちなみに昨年は式典の最中に、近衛兵が暑さで倒れるというハプニングが起こった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)