ベネズエラ最高裁をヘリで攻撃したのは、警官兼アクションスターだった

<警察のヘリを奪って最高裁を襲撃。テロか?と思ったら、イケメン警官の大胆な反政府行動だった>

ベネズエラの首都カラカスでおととい、ヘリコプターで最高裁判所を上空から攻撃したのは、ベネズエラ警察の警官による反政府行動だった。事件直前にはニコラス・マドゥロ大統領が、政権維持のためには武力行使も厭わないと反政府勢力を脅していた。

ベネズエラ政府の発表によれば、実行犯はオスカル・アルベルト・ぺレスで、最高裁に「手投げ弾を少なくとも4発」を落とした。ヘリコプターは警察から盗んだものだ。

ベネズエラ在住の記者が撮影した動画やソーシャルメディアで広まった画像を見ると、上空のヘリコプターからスペイン語で「350 Libertad」(350自由)と書かれた垂れ幕が下がっている。民主主義や人権を侵す政権に対しては不服従を認めたベネズエラ憲法の第350項のことだ。

ULTIMA HORA | Aterriza en La Trinidad helicoptero del CICPC que sobrevolo organismos del Gobierno de Maduro. #27JunNoticia en desarrollo. pic.twitter.com/subPi6xi2p— Alberto Rodriguez (@AlbertoRT51) 2017年6月28日



A police pilot, identified as Oscar Perez, called for a rebellion against the Maduro's "tyranny" in Venezuela. pic.twitter.com/JnSQv4jz8z— Yusnaby Perez (@Yusnaby) 2017年6月28日


襲撃の夜、ベネズエラ政府は動画投稿サイト「ユーチューブ」に声明を発表。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)