セックス、ピストル、ストリップ──ベルリン警察が公共の場で乱行

ドイツのハンブルクで7月7日・8日の両日に開催されるG20(20カ国・地域)首脳会議の警備にあたるためにドイツ全国の支部から警官がハンブルク入りしていたが、ベルリン警察の一部が公共の場で不適切な行為を行ったため、220人以上の警官がハンブルク当局によって解任され、ベルリンに送り返される事態となった。

早朝シフトの部隊が午前3:30からの任務につくなか、非番のベルリン警察の酒宴は午前6:30まで続いた。エスカレートした一部の警官たちが、机上でピストルを振り回しストリップ、宿舎の外部フェンスに放尿、果てはフェンスのところで性交などの乱行を繰り返した。

スキャンダル続きのベルリン警察

旧ハンザ同盟国の美しい港町ハンブルクは、同時にドイツ屈指の赤線地帯があることでも知られている。歓楽街のレーパーバーンは、無名時代のビートルズが不眠不休で数々のステージをこなしていたことで有名だ。サミットを目前に控え、ハンブルクには1万5千人の警察官が集結していたが、そんなハンブルクの娯楽事情もあってセキュリティが強化されていた。

全国から集まった警官たちは、ハンブルク北部約70キロの村にある旧難民収容施設に宿泊していた。ベルリン警察のパーティー好きの噂は事前に知れ渡っていたようだ。ハンブルク当局は宿舎の警備員に、ベルリン警察に特別な注意を向けておくよう要請。問題の週末は少なくとも2人の警官の誕生日祝いで、300人近くが屋外で騒いでいたという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)