トランプがCNNを殴るプロレス動画の波紋

<アメリカの大統領が私怨からここまでやるのか、と呆れていたら、テロ担当の大統領補佐官がトランプにはやり返す権利があると堂々主張。言論統制の始まりか?>

ドナルド・トランプ米大統領が日曜夜、米CNNのロゴを顔に貼ったレスラーをボディスラムする動画を投稿したことが、自分に対して批判的なジャーナリストへの脅しだと反発を招いていることについて、トランプを擁護した国家安全保障・対テロ担当の大統領補佐官トム・ボサートの発言が波紋を広げている。

米ABCの番組「ディス・ウィーク」に出演したボサートは、司会者から動画はCNNに対する暴力的な脅しではないかと尋ねられると、こう答えた「とんでもない。誰もあれを脅しとは受け止めないだろう。受け止めないでほしい。(トランプは)ケーブルテレビで散々叩かれており、彼はそれに反論する権利がある」

トランプがツイッターに投稿した動画は、2007年に米プロレス団体WWE(ワールド・レスリング・エンターテインメント)のイベントに出場し、WWEのビンス・マクマホン会長と対戦したときの映像を加工したものだ。トランプに殴打されるマクマホンの頭部に、CNNのロゴが貼り付けてある。

#FraudNewsCNN #FNN pic.twitter.com/WYUnHjjUjg— Donald J. Trump (@realDonaldTrump) 2017年7月2日

(このツイートはCNNへの脅しにはあたらない、とテロ担当大統領補佐官は言う)


墓穴を掘ったCNN

トランプは最近、CNNへの批判をエスカレートさせている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)