スプレーをかければ何でもタッチパネルに変身

<柔らかい物もでこぼこの物体も、あらゆるものを特殊な塗料の被膜で気軽にタッチスクリーン化する新技術が登場>

空港の自動チェックイン機にせよ、ファストフード店の注文端末にせよ、反応のよいタッチスクリーンは実に便利だ。だがどれも、ガラス製の平らなものばかりでそれ以外の形状の物は見当たらない。ところが最近になって、ほぼあらゆる物体をタッチスクリーンに変えられる新しい技術が登場した。

「エレクトリック」と名付けられたこの技術は、米カーネギー・メロン大学未来インターフェース・グループが開発したもの。特殊なスプレー塗料の被膜で表面を覆うことで、さまざまなものをタッチスクリーンに変えることができる。このスプレーを塗布した机をタップするとあら不思議、パソコンでアプリケーションソフトが立ち上がるといったこともできる。

スプレー缶の中身の正体は、導電性のあるカーボン塗料。タッチスクリーンとして機能させるには、この塗料で覆った物体に電極(そしてもちろん、電源やパソコン)を取り付ける必要がある。すると指で表面を押したときに、電界トモグラフィーと呼ばれる技術によって電気の流れが妨げられたことが検知される。指の位置は1センチの精度で感知されることから、物の表面にバーチャルな「制御ボタン」を作ることができるわけだ。

【参考記事】LEDが照らし出す癌細胞撲滅への道

「スプレー塗料を使ってほぼあらゆるものにタッチスクリーンを付けられるようになったのはこれが初めてだ」と、同グループの責任者を務めるクリス・ハリソン助教は言う。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)