中国ネットで「くまのプーさん」が検閲で削除 習近平氏がプーさんに比喩され

記事まとめ

  • 中国のネット空間では「くまのプーさん」が検閲対象になり、削除されている
  • 習近平氏がプーさんに、オバマ氏は虎のティガーになぞらえられたことが原因だという
  • 安倍晋三首相は「ロバのイーヨー」になぞられ、特徴をよく捉えられていた

くまのプーさんと習近平----中国当局が削除する理由と背景

中国のネット空間ではくまのプーさんが検閲対象になり削除されている。習近平になぞらえたからだ。なぜそれが罪になり削除対象になるのか。習近平政権になってからの政治背景と現状を分析する。

習近平をくまのプーさんになぞらえたネットユーザー

まず、くまのプーさんと習近平の関係に関する経緯を見てみよう。

最初にネットに現れたのは、習近平政権になってからの初の米中首脳会談。2013年6月にカリフォルニアのアネンバーグ邸で「習近平×オバマ」が二人だけで散歩をしていたときの写真に対する比喩だ。

一連の「くまのプーさん比喩」が載っている「このページ」をご覧いただきたい。

最初の絵は「習近平国家主席がくまのプーさん」に、「当時のオバマ大統領が虎のティガー」になぞられている。非常によく似ていて、実にうまい!

ところが中国では「虎は大物」を表す。

オバマさんが「大物」で、「中国で最高の威厳を持っていなければならない最高の大物」でなければならない習近平が、「のんきで、(人はいいが)間抜けなプーさんに」比喩されているなどということは、許されないことだった。

つぎに現れたのは2014年11月の日中首脳会談。

このときは習近平がくまのプーさんであるのに対して、安倍首相が「ロバのイーヨー」になぞらえられている(3番目の絵)。安倍さんの眉毛がやや両下がり気味なところなど、よく特徴を捉えていて、これもうまい。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)