一生に一度は誰もが精神を病むことが明らかに 健康な方がむしろ「異常」!?

精神を病むというと何か特別なことと思われたり、奇異の目で見られたりすることもあるだろう。しかしこのほど発表された調査の結果、私たちのほぼ全員が、一生のうち少なくとも1度は精神の健康を害することが分かった。

人生のどこかで少なくとも1度は心の病に

米デューク大学の研究者などの研究チームがニュージーランドで行った調査によると、参加者の80%以上が、調査期間中に何らかの精神的な病気を発症していたことが分かった。英メトロ紙が伝えた。

調査は、参加者が生まれてから中年期に至るまで、精神面での健康を追跡し記録したもの。参加者のうち、何らかの精神的な問題を抱えた経験があった人が「80%を優に越えた」一方で、まったく問題がなかったことを示した人はわずか17%にとどまったという。

この研究チームの1人であるジョナサン・シェーファー氏(デューク大学の大学院で臨床心理学を専攻)が、アーロン・ルーベン氏(同)とともに科学雑誌サイエンティフィック・アメリカンに寄せた記事の中で、この調査結果が、「精神疾患はあまりにも一般的であり、人生のどこかで誰もが少なくとも1度は診断名がつく心の病を発症する」ことを示唆していると述べている。しかし、ほとんどの人は治療を受けることなく過ごしてしまい、人間関係や仕事の成績、人生への満足度などに悪影響が及んでいると指摘している。

シェーファー氏らはさらに、1990年代半ばから2000年代初頭にかけて米国で行われた大規模な全国調査では、全人口のほぼ半数に近い割合の人が、人生のどこかで精神的な疾患を経験することが考えられる結果だったという。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)