トランプの長女イバンカはLGBTを裏切った

今年6月、ドナルド・トランプ米大統領の長女でトランプが最も信頼する大統領補佐官の1人であるイバンカ・トランプ(35)は、LGBT(同性愛者などの性的少数者)を支持するメッセージをツイッターに投稿した。LGBTの権利向上を訴えるプライド月間に寄せたものだ。

3月に実業家からホワイトハウス職員に転身したイバンカは、「私たちの社会や経済に多大な貢献をしてきた」LGBTの友人やアメリカ人同胞を「誇りに思う」とツイッターに書き込んだ。さらに「joyful #Pride 2017」というハッシュタグを付け、プライド月間の6月は「LGBTQ*コミュニティーを祝福し敬う」ための時間だと宣言した。

【参考記事】イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だった

I am proud to support my LGBTQ friends and the LGBTQ Americans who have made immense contributions to our society and economy.— Ivanka Trump (@IvankaTrump) 2017年6月2日

LGBTQの友人やアメリカ人同胞を誇りに思う。彼らは私たちの社会や経済に多大な貢献をしてきた。


だが今週の水曜、イバンカはLGBTに対する誇りを自ら傷つけた。心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人々の米軍入隊を禁止するとトランプが発表しても、だんまりを決め込んだのだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)