安全な治療室の中、VRで恐怖と向き合う最新の不安障害治療



安全な治療室の中、VRで恐怖と向き合う

シリコンバレーの新興企業リンビックスはこのほど、VRで暴露療法による治療を行えるツールのテストを終了した。テストは、少数のセラピストに依頼し、実際にツールを使って治療してもらうものだった。ツールは、VRを体験できるグーグルのヘッドセット「Daydream View(デイドリーム・ビュー)」を使いスマートフォンのアプリから操作する。リンビックスによると、現実暴露とイメージ暴露のいずれにも使用できる。

デイドリーム・ビューを使ったVRによる治療なら、治療室から出ることなく暴露療法が行える。例えば飛行機恐怖症の治療でも、わざわざ飛行機に乗る必要はない。

ニューヨーク・タイムズは、前述のテストに参加して実際にリンビックスのサービスを使って治療を行なった米コロラド州の臨床心理医ジュウェル医師の体験を掲載している。ジュウェル医師がVRで治療している患者は、交通事故に遭って以来、事故を起こした交差点で急性不安を覚えるようになった。通常の暴露療法なら、実際に事故現場や交差点に行って不安を味わうのだが、VRでの暴露療法なら治療室を出ることなく、ヘッドセットを装着した患者が何を感じているか、何を考えているかを語ってもらえる、とジュウェル医師は述べている。





ニューヨーク・タイムズは、デイドリーム・ビューと一緒に同じくグーグルの「ストリートビュー」を使えば、現実にある場所に行くこともできるとしている。

関連記事(外部サイト)