英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

<7月11日に誘拐されたイギリス人モデルが解放された。容疑者は、女性をさらってはネットで売る犯罪集団「ブラック・デス(黒死病)」のメンバーを名乗っている>

イギリス人モデルのクロエ・アイリーンが7月にイタリアで誘拐された事件について、イタリア警察当局は、ダークウェブ(特殊なブラウザでしかアクセスできない、犯罪の温床になっているサイバー空間)で活動する犯罪組織「ブラック・デス」(黒死病、ペストのこと)が関与していることを突き止めた。

【参考記事】闇サイトが「トランプ暗殺」の資金を募集

報道によれば、アイリーンがブラック・デスの実行犯にミラノで誘拐されたのは7月11日のこと(アイリーンはその後解放され、8月6日にイギリスに帰国した)。ダークウェブでは人身売買がはびこっており、ブラック・デスは、女性を誘拐し、ダークウェブ上のオークションを通じて売買していることを公言して知られている。

CNNによれば、イタリア警察は7月17日、アイリーンを伴ってミラノのイギリス領事館に現れたウカシュ・ヘルバを逮捕した。

【参考記事】誘拐犯と結婚 それが私の生きる道

だが、ヘルバがなぜわざわざアイリーンを領事館に連れて行ったのかはよくわかっていない。英大衆紙ザ・サンの報道では、警察はヘルバを逮捕した時、14世紀に黒死病がヨーロッパで猛威を振るった頃のマスク姿の医師が描かれたチラシを発見した。この絵は、同犯罪組織と関連付けられている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)