あのジカ熱も?「ハービー」の被災者を感染症が襲う

<大型ハリケーン「ハービー」で市内全域が前代未聞の洪水に見舞われたヒューストンで、汚水による感染症が流行する危険性が高まっている>

ハリケーン「ハービー」に襲われた米テキサス州ヒューストンや同州南部の住民は、今後数週間、長ければ数カ月間にわたり、汚染された洪水の水や崩れた土砂が原因で、感染症が大流行するリスクに直面することになる。ハービーは全米第4の都市ヒューストンを、さながら病原体の揺り籠へと一変させた。

ヒューストンの雨量は2日間ですでに635ミリに達した。豪雨は30日夜まで続くと予想され、最終的に市内中心部の総雨量は1016〜1270ミリに達する見込みだ。豪雨で市内全域が有毒物質を含む恐れがある汚水で冠水している。住民は洪水で発生した水をよけて生活できないため、下痢の原因となる細菌への感染や、レジオネラ菌による感染症、蚊が媒介するウイルスへの感染といったリスクが高まっている。

【参考記事】ヒューストン豪雨災害に見る、「線状降水帯」の恐ろしさ

テキサス州保健省のクリス・バン・ドウセン報道官によれば、同省は感染症の流行を防ぐ対策を進めている。同州や地元自治体の職員は、ハリケーンが来たときの通例として、今回も水道水の摂取を控えるよう推奨している。ハービーの場合、水道水の摂取を控えることが極めて重要になりそうだ。地元当局は28日、ヒューストン市内の一部の地域に水を供給するダムの貯水量が豪雨で急増し、氾濫の危険性が高まったため、2つのダムを放流した。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)