地震と間違われた最強ハリケーン「イルマ」、米南部に接近中

<テキサス州に大きな被害をもたらしたハリケーン「ハービー」を上回る「イルマ」。フロリダ州に上陸すれば深刻な事態になりかねない>

8月下旬に大型ハリケーン「ハービー」に見舞われたばかりの米南部に、ハービーよりさらに大きいハリケーン「イルマ」が接近中だ。週末までに米フロリダ州に上陸する恐れがある。米国立ハリケーン・センター(NHC)によれば、イルマは大西洋で発生したハリケーンの中で観測史上最強の勢力を持つ。あまりの威力に、地震と間違われたほど。揺れで地震計が誤作動したのだ。

【参考記事】ハリケーン被災地にピンヒールで向かったメラニア

NHCは5日、イルマを5段階中最強の「カテゴリー5」に引き上げた。風速は少なくとも毎時290キロ。NHCは、米自治領プエルトリコの東に位置するリーワード諸島に「人命を奪いかねない暴風や高潮、豪雨による被害」が発生する可能性があり、米領バージン諸島、プエルトリコ、カリブ海の島国ハイチ、キューバや他のカリブ海の島々も「極めて危険」と警戒を呼び掛けた。イルマが米南部フロリダ州に上陸する可能性は高まったが、現時点で同州を含む米南部でどれほど猛威をふるうのか、専門家は予想進路や被害予想などの分析を急いでいる。

【参考記事】トランプはハリケーン被災者に1人も会わず。メンタルな問題か

アメリカは、8月下旬に米南部のテキサス州やルイジアナ州に広範な被害をもたらした大型ハリケーン、ハービーからの復興を始めたばかり。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)