金王朝支える作家集団 初の「金正恩小説」は対米決戦勝利のシナリオ

このところミサイル実験などの挑発がやんでいるなあと思っていたら、平壌から1冊の短編小説集が届いた。「君子里の乙女」(文学芸術出版社)とある。作家はタク・スクボン。表紙は地下工場で一人の少女が砲弾の製造に携わっている絵である。岩盤に貼られたスローガンには「前線により多くの武器を送ろう!」とある。著者の名前を見て、ぴんときた。私には見覚えのある作家だった。金日成主席の事績をたたえる「不滅の歴史」シリーズで、長編の「命脈」を書いている。主人公は池(チ)ウンモ。日本の植民地時代、東京帝国大学を卒業し、平壌の陸軍兵器工場で銃の設計技師をしていた。解放後まもなく金主席が荒廃した工場を訪ね、池ウンモにソ連の援助に頼らず、自前の銃を持つ必要を説く。

「祖国を守り、人民を保護する銃を造ってほしい」

もう兵器造りはごめんだと思っていた池ウンモは次第に考えを変え、ついに国産第1号となる機関短銃を設計する。さらに朝鮮戦争が勃発するや、ひそかに山奥に移された地下工場で銃製造の責任技師として従事し続けるが、激化する戦火の中で倒れる。その地下工場の所在地が「君子里」であった。

作者のタク・スクボンこそ、恐らく現在、北朝鮮当局が最も重用しようとしている作家だと筆者はにらんでいる。それはなぜか?

軍需工場跡視察後に水爆実験を強行

作家の生い立ちを「命脈」の編集後記が詳しく紹介している。それによれば、タク・スクボンは1942年、中国黒竜江省生まれ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)