中年期の運動不足で20年後の脳細胞の量の減少に影響か 認知能力が下がる傾向も

記事まとめ

  • 中年期の体力不足は20年後の脳細胞の量の減少に影響を及ぼす可能性があるという
  • ボストン大学医学大学院のスパータノ氏らにより、ニューロロジー誌で16年に発表
  • 「脳の萎縮は認知能力の低下をもたらし、認知症のリスクを増加」とスパータノ氏は語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております