殺された米兵はニジェールで何をしていたのか

<アメリカ人さえ知らないところでアフリカの国に駐留し、治安部隊の訓練を行う米特殊部隊、何のため?>

西アフリカのニジェールで10月4日、米軍の特殊部隊が武装勢力に襲撃され、米兵4人が死亡する事件が起きた。ドナルド・トランプ米大統領が死亡した兵士の妻に「無神経な言葉」をかけたことばかりが問題になっているが、そもそも米軍は何のためにニジェールにいたのか。多くのアメリカ人はこの事件が起きるまで、米軍がニジェールに駐留していることすら知らなかっただろう。

今回犠牲になった米兵たちのような特殊部隊は世界70〜80カ国で活動してきた。主要な任務は相手国の治安部隊の訓練で、それを通じて安定化と民主化を支援する。ニジェールに派遣されたのは数年前。マリ北部とナイジェリア南部をはじめ周辺国で支配地域を広げるイスラム過激派対策の一環だった。

JUST IN: U.S. intel officials examining video showing militant group in Niger for clues related to deadly ambush. https://t.co/HQHEX3DNFz pic.twitter.com/Xj2uFdH8Ie— ABC News (@ABC) 2017年10月24日

(危険な仕事:殺された米兵たちを待ち伏せしていたとみられるイスラム過激派。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)