ヒツジは想像以上に賢い! オバマやエマ・ワトソンを識別していた

<滑稽に見えるかもしれないが、人間のハンチントン病の治療に役立つことが期待される研究だ>

英ケンブリッジ大学の研究チームの実験の結果、ヒツジが人間の顔を識別できることが明らかになった。

実験では、ケンブリッジ大学の農場で飼育されている8頭のヒツジにあらかじめ4人の著名人の真正面から撮った写真に反応するよう訓練を受けさせる。その後、著名人の1人と初めて見せる人物の写真を2枚見せ、反応を観察した。著名人の写真の下のボタンを押して正解すると餌が出るが、間違えると何も出ない。

ヒツジが刷り込まれたのは、バラク・オバマ前米大統領、俳優のジェイク・ギレンホール、女優のエマ・ワトソンとフィオナ・ブルースだ。

動画の32秒あたりから始まる部分では、写真を見せられたヒツジが一瞬戸惑うような仕草を見せてからオバマの写真を選んでいることが分かる。10回のうち8回で正解した。



Cambridge University-YouTube


単に覚えていただけじゃない

ただ、ここで疑問が残る。ヒツジは4人の顔を単に「覚えていた」だけで「認識」はしていなかったのではないか。

そこで研究チームは、ヒツジに刷り込みのために使っていた4人の著名人の正面写真を横顔など様々な角度から撮られたものに差し替えて再度検証した。すると、ヒツジは正面以外の写真からでも著名人の顔を認識できた。ただ、正面の写真に比べ正解率は15%落ちるという。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)