体臭とセックスアピールの意外な関係

<血液中のタンパク質が男女の好みに与える影響は>

匂いとセックスアピールに関係があることは、多くの研究で証明されている。だが、正確なつながりは謎だ。体臭が関係しているものの、男性や女性がどんな匂いの成分に引かれるのかは科学的に分かっていない。

これに最新の手掛かりを与えたのが、スイスのベルン大学の研究者チームだ。彼らは、血液中のヒト白血球抗原(HLA)と呼ばれるタンパク質に注目。HLAは、体内に侵入した異物を免疫細胞が見分ける手助けをするもの。さらに私たちの体臭に影響し、遺伝子の違いも示す。

16年の研究で、セックスの欲求は遺伝子の型が違う人同士で高まることが分かっている。それは当然だろう。自分と遺伝子的に違う相手を選ぶことは、より丈夫な子孫を残す可能性を高め、生存競争で有利だからだ。

これまでのHLAと体臭の好みについての研究といえば、女性に焦点を当てたものがほとんど。女性は自分とHLAの型が違う男性の匂いを好むとされる。一方、ベルン大学の研究者らは、HLAが男性の好みに与える影響を調査した。

42人の女性に脇の下に綿パッドを当てて寝てもらい、体臭サンプルを採取(他人と同じベッドで寝たりしないよう依頼した)。そして94人の男性にそれぞれ、HLA型が自分と似ている女性4人と似ていない4人のパッドの匂いを嗅いで、香りの強さ、魅力度、好感度で順位付けしてもらった。

すると、男性が魅力的と感じた香りはHLAと全く関係がないことが判明した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)