宗教保守派の勝利からスキャンダル騒動へ アラバマ補選のドタバタ

<保守王国アラバマ州の上院補選で宗教保守派の共和党候補に女性スキャンダルが。共和党が議席を落とせば、上院の党勢バランスにも影響する>

アラバマ州といえば、南部の中でも特に保守票の多い州であり、1997年以来、州選出の連邦上院議員は2議席とも共和党が占めています。その前は、民主党が優勢でしたが、当時は民主党の方が「人種隔離政策」を掲げていた時代でしたから、特にリベラルが優勢な時代だったわけではありません。

ちなみに、1997年からの20年間は同じ2人の共和党上院議員が連続して選出されています。1人は、リチャード・シェルビー議員ですが、もう1人のジェフ・セッションズ議員は、トランプ政権発足に伴って司法長官に転出することになりました。その議席は、とりあえず州の司法長官だったルーサー・ストレンジという人が継承しました。

ですが、アラバマ州の場合は法律で補欠選挙を実施することになっており、今年の12月に予定された補欠選挙へ向けて共和党内では予備選が行われました。この予備選で、不思議な対立構図が発生したのです。

とりあえず「現職」のストレンジ氏は、上院の同僚の受けも良かったようですし、例えば「パリ協定離脱賛成」を掲げるなど「十分に保守的な立ち位置」を示していました。また、大統領にしてみれば自分を支持してくれているということもあり、このストレンジ氏を推したのでした。

ところが、そこへ強力な対抗馬が出てきました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)