【写真特集】イラン・イラク地震でレンガ造りの建物は住人を呑み込み崩れた

<被災地の病院は患者を収容したまま崩壊し、被災地の医療システムは機能を停止している>

イランとイラクの国境付近で11月12日午後9時20分(現地時間)に起きたマグニチュード7.3の強い地震による被害が少しずつ明らかになってきた。

イラン国営通信によると、13日時点で地震による死者は450人以上、負傷者は7000人に達しており、今年発生した地震として9月のメキシコ地震を大きく上回る最悪の被害を出した。発生から時間が経ち、被災地では生存者の捜索から被災者支援に比重が移りつつある。



サルポレザハブの街で遺体の横で泣き叫ぶ女性 Tasnim News Agency-REUTERS


イラン側で被害が大きかったのは、西部ケルマンシャー州。イラクとの国境から10キロの地点にあるサルポレザハブの街では、崩壊した建物の下敷きになる人が続出した。国境近くの山岳部の住宅の多くはレンガが使われているため、揺れに弱い。英ガーディアンによるとこの街だけで少なくとも236人の死亡が確認された。

ケルマンシャー州ダーラーフー郡では、一部の村が完全に破壊されたという地元知事のコメントもある。

Amateur video appears to show the level of destruction in the Iranian town of Sarpol-e Zahab, after a powerful earthquake. pic.twitter.com/qtOHCVd1zG— RFE/RL (@RFERL) 2017年11月13日


一夜明けた被災地の様子





病院が崩壊しているため十分な治療は望めない Tasnim News Agency-REUTERS


サルポレザハブの地元議員、ファハド・タジャリはこの地震で、親戚15人の命を奪われた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)