イケメン首脳2人のトランプ封じはTPP11

<NAFTA再交渉で米政府が難題を吹っ掛けても、メキシコとカナダが強気で拒否できる訳>

トランプ米大統領が就任後に真っ先にしたことの1つがTPP(環太平洋経済連携協定)からの離脱だ。アメリカを除く参加11カ国は11月10日、新協定を発効させることで大筋合意した。

これでアメリカは経済が急拡大しつつある環太平洋諸国との貿易で一歩出遅れることになる。おまけにNAFTA(北米自由貿易協定)再交渉の第5回会合でカナダ、メキシコから譲歩を引き出すトランプのもくろみまで危うくなった。

NAFTA再交渉では、トランプ政権は自動車の部材調達比率の引き上げと協定の5年ごとの見直しという厳しい要求を突き付けている。これに抵抗するカナダとメキシコは、TPP11発効のめどが立ったおかげで強気で交渉に臨める。

貿易協議では「締結済みか締結目前の他の協定があれば、交渉を有利に進められる」と、ウッドロー・ウィルソン国際研究センターメキシコ研究所のダンカン・ウッド所長は言う。

現在のNAFTAの「原産地規則」では自動車の場合、域内3カ国製の部材が62.5%以上なら関税がかからない。だがNAFTAのせいでアメリカの雇用が減ったと考えているトランプ政権は50%以上をアメリカ製とすることを提案。アメリカの自動車業界ですら既存のサプライチェーンに大混乱を来すとして、この案に反対している。

TPP11(メキシコとカナダも参加)の自動車に関する原産地規則はこれより緩やかなので、米政府はNAFTA再交渉でこの案をゴリ押ししにくくなる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)