トランプが英極右の反イスラム動画を4000万人のフォロワーにリツイート

<トランプ米大統領がリツイートで大々的な宣伝に手を貸した英極右団体幹部ジェイダ・フランセンとは何者か>

ドナルド・トランプ米大統領がまたツイッターで「舌禍」を起こした。イスラム教徒を暴力的として排除しようとするイギリス極右が投稿した差別的な(少なくともそう見える)動画を3本、リツイートしたのだ。

投稿したのはイギリスの極右団体「ブリテン・ファースト(英国第一)」のジェイダ・フランセン副代表。動画の内容は、彼女自身が付けたタイトルによれば、それぞれ「イスラム教徒の移民が松葉杖をついたオランダ人の少年を殴打しているところ」、「イスラム教徒が聖母マリア像を破壊しているところ」、「イスラム主義の暴徒が10代の少年を屋根から突き落とし、死ぬまで殴打しているところ」。ただし世界各地のメディアが動画の真偽を調べたところ、最初の動画の「イスラム移民」は「黒髪のオランダ人」、マリア像を壊しているのはシリアにいるアルカイダ系テロリスト、少年を屋根から突き落としているのは2013年にエジプトのモルシ政権を転覆した軍事クーデターに怒り狂った暴徒ではないか、などの指摘が出ている。これらの動画は今は「不適切な内容」の可能性があるとして表示されなくなっている。

フランセンが所属するブリテン・ファーストは、反イスラム、反移民、民族主義を掲げる英極右。モスクの占拠を呼び掛けるなど過激な反イスラム活動で知られている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)