サウジ皇太子の改革を称賛する国民の本音

<懸念を募らせる国外の有識者たちとは裏腹に、国内では皇太子の改革を称賛する声が圧倒的に多い>

勘弁してくれ、田舎道を時速130キロで飛ばすなんて。しかもタイヤの空気圧が低過ぎて警告ランプが点灯している。事故ったらどうする? 私の薬品アレルギーを、アラビア語でうまく説明できるだろうか?

私たちはサウジアラビア北西部の町ウラーの郊外を走っていた。雇われ運転手のアブナジブ(仮名、その他の取材対象者も同様)は平然とアクセルを踏み続け、私の不安に気付く気配もない。

アブナジブを紹介されたのは25分前だ。大柄なくせに、何か警戒している感じだった。でも私が冗談めかして「ムハンマド・ビン・サルマン」と名乗ると笑顔がはじけた。それからの2日間は、彼も相棒の男性もすごく冗舌だった。

私は6人のアメリカ人と一緒にサウジアラビア各地を車で回る旅の途中。行き先は南西部ジッダ、ウラー、北部ハーイル、首都リヤドと東部ダンマーム。6人は元大学教授や不動産業者、金融会社の元役員などで、彼らにサウジアラビアや中東の事情をレクチャーするのが私の仕事だった。

せっかくの機会だから、私は旅のついでに現地の庶民の声をできるだけ聞いた。王家の面々や外交官、あるいは財界人の声ではない。われらが運転手やその相棒のような、つまりは平均的なサウジ国民。権力とは無縁の人たちの声だ。

最初に気付いたのは、この国で起きている出来事について外国メディアやアメリカの外交評論家、あるいはツイッター著名人の垂れ流す解説と、現地の一般人の受け止め方はまるで違うという事実だ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)