トランプの呪い?ペンス副大統領のペットが相次いで息引き取る

<ペンス一家が昨年から次々とペットロスに襲われたのは、動物を飼う人を「下等」扱いするトランプのせいか?>

アメリカのマイク・ペンス副大統領の飼い猫「ピックル」が死んだ。半年前にはやはり猫の「オレオ」を失ったばかりなのに。

16歳だったピックルの死を知らせるツイートで、ペンスの妻カレンは「とても賑やか」で「かわいい子」でした、と書いた。

We will all miss Pickle, our very chatty, sweet kitty of 16 years. pic.twitter.com/X4xx8nH6vN— Karen Pence (@SecondLady) 2017年12月7日


娘のシャーロッテ・ペンスも、ピックルに賛辞を贈った。「15年前、飼育放棄されたピックルと初めて会ったとき、彼女は怯えて凶暴で絶対に抱かせてくれませんでした。でも昨夜お別れを言ったとき、ピックルは私たちの腕のなかで喉を鳴らしました。家族と愛がどんなに人を変えるか、教えてくれたのはピックルです。ありがとう」

We will all miss Pickle, our very chatty, sweet kitty of 16 years. pic.twitter.com/X4xx8nH6vN— Karen Pence (@SecondLady) 2017年12月7日


ペンス一家はこの2年、立て続けに家族の動物を失っている。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)