GQの表紙では女性だけがおへそを出す

<女性にだけ肌を露出させるのは、もういいかげんにやめるべき>

セクハラ騒動がアメリカ中に広がるなか、勇気を持って告発する人たちには拍手を送りたい。

しかし、肝心なのはこの後だ。本当の解決策はどこにあるのか。女性、男性、そして従来の性別で自らを区分しない人々が、みんな平等に、尊厳を持って扱われるようになるにはどうすればいいのか。報復を恐れずに性差別的な行動や考え方を拒否できる日は、いつ訪れるのか。

性差別をなくすには法律をどう変えるべきか。子供たちが旧来の考え方に染まらないようにするにはどうすればいいか。職場や政府、学校をどう変えるべきか――これらの問題に知恵を出し合って取り組む必要がある。

まずは小さな問題から考えてみたい。男性誌GQの米国版が先頃、17年の「今年の人」を発表した。人種差別に抗議して国歌斉唱の際に片膝をついたプロフットボールNFLの選手コリン・キャパニックは「シチズン・オブ・ザ・イヤー(今年の市民)」に選ばれた。

自身のトーク番組で鋭い政権批判ネタを続けたコメディアンのスティーブン・コルベアは「バッド・オンブレ・オブ・ザ・イヤー(今年の悪役)」に、NBA選手のケビン・デュラントは「チャンピオン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。そして「ワンダーウーマン・オブ・ザ・イヤー」になったのが、映画『ワンダーウーマン』で主役を演じた女優ガル・ガドットだ。

この号は、4人それぞれの写真を使った4種類の表紙が作られた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)