金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

<アメリカが考えなしに選んだ北緯38度線が、北朝鮮の運命をここまで狂わせた。金王朝3代に語り継がれた怨念のルーツ>

北朝鮮とその指導部が抱くアメリカに対する憎悪の源は、今から約70年前にさかのぼる。第二次大戦後、朝鮮半島を占領していた米ソの思惑によってもたらされた南北の分断と、大国の介入で凄惨を極めた朝鮮戦争にまつわる怨念だ。

北朝鮮の若き指導者、金正恩朝鮮労働党委員長は、2017年を北朝鮮にとって歴史的な年にした。ドナルド・トランプ米大統領の度重なる圧力や国連の経済制裁をものともせず、金は核兵器の技術を大幅に進歩させ、アメリカ全土を射程に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)の完成を発表した。北朝鮮外務省は、トランプが12月18日に発表した「米国第一」主義に基づく国家安全保障戦略について、「朝鮮半島で覇権を握ろうと企てている」としてアメリカを猛烈に非難した。実際アメリカは、1945年に悪名高い北緯38度線を引いて南北を分断させた張本人だ。

「アメリカはソウルを占領したかったので、南部にソウルが入るよう恣意的に38度線を引いた。それは、地図に引かれた1本のただの線だった。歴史上、朝鮮半島がこのように南北に分断されたことは一度もない。南北よりは東西に分かれる必然性のほうが強いくらいだった」と米ジャーナリスト、バーバラ・デミックはニュース解説サイト「ヴォックス」(Vox)に語った。デミックは100人以上の脱北者の取材をもとにした著書『密閉国家に生きる―私たちが愛して憎んだ北朝鮮』(邦訳:中央公論社)を出版している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)