完全オーダーメイドのコンドーム革命

<グローバル市場の基準は大量生産から多品種少量生産へ――「非規模の経済」が寝室の常識を変える?>

自宅で恋人といい雰囲気に。服を脱ぎながら、彼女はスマートフォンに手を伸ばし、彼の股間をパシャリ。「印刷」をクリックすると、クローゼットの中の3Dプリンターからゲル製のコンドームが。ジャストサイズで、真空パックのフランクフルトソーセージみたい。2人の楽しい時間は続く......。

完全な空想の世界というわけでもない。新興のテック企業が先頭に立ち、1920年代にラテックス製コンドームの大量生産が始まって以来の「コンドーム革命」が始まっている。

クラウドコンピューティングやスマホ、人工知能(AI)、3Dプリント技術などのテクノロジーを推進力に、世界経済は根底から変わりつつある。その壮大な流れを、筆者とベンチャーキャピタリストのヘマント・タネジャは来春刊行の共著で「非規模化」と呼んでいる。

20世紀には大量生産技術が経済を支配し、企業は規模の経済を追求してきた。同一の製品をできるだけ多くの人に向けて生産することによって、ビジネスの規模を大きくした。

一方、21世紀は「マス・カスタマイゼーション」の時代。技術の進化によって、個々の顧客に合わせた高度なオーダーメイド生産と、大量生産に近い低価格や効率の維持を両立できるようになった。規模の経済に代わって「非規模の経済」が市場を制する時代は近い。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)