ハノイ米朝会談をトップニュースから吹き飛ばした「コーエン証言」の衝撃

<「人種差別主義者で詐欺師」と言い放ったコーエン証言によって、トランプが窮地に陥り、米朝会談に悪影響が出るという懸念も出ていた>

アメリカのトランプ大統領と、北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長は2月27日(水)、ベトナムのハノイで第2回の首脳会談に臨みました。会談にあたっては、前回のシンガポール会談の際と同じように、アメリカの各メディアは、一斉に報道陣を送り込みました。

例えば、地上波のNBCは東部時間夕方6時半の看板番組「ナイトリー・ニュース」のアンカーパーソンであるレスター・ホルトをハノイに派遣。生中継で伝える体制を取っていました。

会談1日目が終わった27日の夕方6時半の番組は、確かハノイからの中継映像で始まり、ホルトが登場しました。ホルトは、「本日は、歴史的な二分割画面から始めます」と述べて左半分にアメリカ国内のニュースを、そして右半分にハノイ会談の最初の握手のシーンを映して見ませました。ですが、「二分割」は最初の一瞬だけで、ニュースの本論に入ると最初の話題は、北朝鮮との首脳会談ではなく、国内ニュースでした。

そのニュースとは、トランプ大統領の元個人弁護士であるマイケル・コーエン氏が連邦議会の下院監視(オーバーサイト)委員会に召喚されて、宣誓証言したという話題でした。

コーエン氏は、既に議会における偽証罪などで有罪となっており、最終的には自分の罪を認めて捜査協力をしていますが、依然として実刑が確定した状態であり、収監中の身ですが、今回は議会に召喚されました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)