ハノイ米朝会談をトップニュースから吹き飛ばした「コーエン証言」の衝撃

証言は3日間にわたって行われ、26日の初日と28日の最終日の公聴会は秘密会とされ、2日目の27日(終日)の証人喚問だけが公開で行われました。

その27日の公聴会は、CNNなどのケーブル・ニュース局だけでなく、地上波の3大ネットワークも中継するという「大イベント」となり、その内容が夕方のトップニュースとなったのです。

NBCの「ナイトリー・ニュース」の場合は、最初の14分間がこの「コーエン証言」のニュースで、ハノイ会談はその後、5分程度という扱いでした。もちろん、ハノイ会談については、この日は初日で内容もほとんど公開されていない段階でしたし、歴史的なシンガポール会談ほどの話題性もなかったのは事実です。

ですが、その扱いの差というのは大きく、とにかく「大統領が現地にいるハノイ会談」よりも、「大統領のスキャンダルを扱うコーエン証言」の方が大きなニュースになったということは、異例ということでは確かに歴史的な現象だったのかもしれません。



そのコーエン証言ですが、全体的な評価としては、

1)トランプ陣営が、ウィキリークスに「ヒラリーのeメール暴露」を依頼したという疑惑は「事前にトランプの指示を仰いで行なった」という明確な証言が出た。これは多くのメディアの予想を上回る内容だった。

関連記事(外部サイト)