往年のビデオゲームの保存活動に「壁」 ライセンス権や著作権、所有権に抵触も

記事まとめ

  • 任天堂がゲームのROMデータを配布していた海賊版サイトを著作権法違反で訴え勝訴した
  • このサイトは"ゲーム資料庫"として機能していたと米ビデオゲーム歴史財団創設者は指摘
  • 「(ゲームは)映画や文学にも影響を与えてきた。私達共通の文化遺産の一部」と語った

往年のビデオゲームは保存すべき文化遺産

<文学や映画にも大きな影響を与えてきたが、その保存活動に著作権が立ちはだかる>

多くの人が楽しんできたビデオゲームの歴史を生きたまま残すことは、相当に困難だ。昔のビデオゲームは、今や過去の遺物となったゲーム機や旧型パソコンで動かすように作られている。アップルU向けの『ウルティマ』(81年)しかり、家庭用ゲーム機の先駆け、オデッセイ向けの『シューティング・ギャラリー』(73年)しかり、ジョイスティックで操作するという当時は画期的なアーケードゲームだったSNKの『怒』(86年)しかり......。

今日の巨大ゲーム産業の礎となったこれら古いゲームの保存をこれまで担ってきたのは、ゲーム史の研究家に年季の入ったゲーマー、オタク、それに海賊版業者といったさまざまな人々だ。一般的な手法は、ゲームカートリッジやアーケードゲーム機のマザーボードなどからプログラムを吸い出し、現行のパソコンで動くように書き直すというもの。こうした保存活動は時としてライセンス権や著作権、所有権に抵触してしまう。

昨年、保存活動は大きな逆風に遭った。こうしたゲームのROMデータを配布していた複数のウェブサイトを任天堂が著作権法違反で訴え、勝訴したのだ。訴えられた配布サイトは閉鎖された。

米著作権局は昨年10月、研究機関などによる合法的な保存活動におけるROM使用を認める法改正を行った。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)